時効援用

時効の援用を自分でしようと考えている人は注意!

過去の借金に関して最後の返済から5年経過していると時効の援用が適用されます。

 

ただし、5年過ぎたとしても自動的に借金がなくなるわけでなく、内容証明郵便を借入先に出して借金は時効ですよ、と通知する必要があります。

 

通知をしなければ未払い状態は続いてしまうので、あなたの信用情報には未払い記録が永久に継続していきます。

 

意外と知られていませんが、自己破産だと自己破産後5〜7年で未払い記録が信用情報から消されますが、時効の場合の方が、タチが悪いと思います。

 

ネットで「時効の援用 内容証明 テンプレート」などで検索すると内容証明をどう書けば良いか探すことができます。

 

自分で郵便局に行き内容証明を出すこともできますが、内容証明って文字数や行数など決められているで意外と大変です。

 

また、時効の援用は、一度でも債務を承認していたり、5年以内に支払いをしたことがあったり、訴訟が起こされていたりすると最終支払日から5年が経過していても時効になっておらず、適用されない場合があります。

 

相手から反論があった場合、やっかいです。

 

やはり内容証明を送るだけと思っていても、法的な知識を持った弁護士に依頼すると安心です。

 

とはいえ時効の援用や借金に強い弁護士をどう探すか?というのが問題です。

 

ここでは、借金専門というくらい金融関係に強い弁護士事務所をご紹介します。

 

相談無料で全国対応・借金問題に強い弁護士事務所

<< フェア&スクエア法律事務所の詳細はこちら >>

 

<< 樋口総合法律事務所の詳細はこちら >>