信用情報,異動

信用情報の異動

全国銀行個人信用情報センターやCIC、JICCといった、指定個人信用情報機関が異動するのは、返済日から61日以上または3ヶ月以上支払いが滞っているもの、または滞っていたものとされており、つまり、支払い期日から61日目には債権者である金融機関は、指定個人信用情報機関に「異動」と記録する権利を持っていうということです。

 

支払いが厳しいクレジットカード会社や消費者金融の中には、61日目に入金確認が取れない辞典で、個人信用情報機関に即刻「異動」と登録するところも実は多くありますから、携帯端末の分割料金を含む携帯料金や奨学金の返済を、2ヶ月遅れて支払っている人は、運用方針がいつ変更されて登録されてしまうのか分からないという状況にあります。

 

実際のところ、携帯料金や奨学金の返済を2ヶ月遅れで支払っている人の中で、遅れてはいるが支払いはしているから異動登録になることはないと安易に考えている人もいるようですが、それは間違った考えです。

 

例えば、携帯電話の場合、3ヶ月滞納をしなければ異動登録はされないといわれていますが、数年後を見据えて考えた場合、支払い面で今よりも厳しくなっていくのではとイメージ出来るのではないでしょうか。
ですから、現在3ヶ月以上滞納したことで、異動登録から61日以上の延滞で変更になるかもしれません。
そういったことは、いつ変わるか分かりませんが、ある程度ご自身なりにイメージすることは出来ると思います。
それに備えてといった言い方もおかしいですが、そもそもは延滞せず毎月きちんと支払期日を守って支払うということを頭に入れておかなければなりません。

 

異動の記録が個人信用情報機関に登録されてしまうと、クレジットカード、キャッシング、住宅ローンなどの審査は一切通らなくなりますので注意しましょう。