自己破産,メリット,デメリット

自己破産のメリットとデメリット

自己破産をする際は、メリットとデメリットがあります。
ここでは、自己破産のメリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

 

自己破産は、抱えている債務が免除されるので借金がなくなるということ。
とはいえ、負債を抱えている人それぞれ状況が違いますから、自己破産手続きの全てが債務者にとって有利だとはいえません。
ですから、ここでメリットだけではなく、デメリットもあるのだという事をしっかりと理解した上で、ご自身の今あある負債をどのようにしていくかを決めるといいでしょう。

 

そもそもこの自己破産は、債務者が今後必要となる最低限の生活費、それ以外は全て手放す必要があります。
ですから、破産手続きの開始が決定したら、お金に換わる財産があった場合、破産管財人が選任され管財事件とないます。
ですから、自己破産は財産が処分されることで、一定の財産を失います、これは、その財産がご自身にとってどれだけ思い入れのある物であったりした場合でも、関係なく換価されます。

 

債務者が破産手続き開始決定が下りて免責許可の決定を受けて、ここで初めて自己破産手続きが追わいますが、もし連帯保証人をつけていた場合、債務者はこれまでの借金を免除されても、債権者から保証人への取り立てが始まりますから、保証人に迷惑を掛けてしまいます。

 

自己破産は、官報に記載されます。
この官報とは、国が発行する法令公布の機関紙です。
官報に、氏名、住所、破産手続きの日時、裁判所などといった記載が入り、住所の移転や旅行の制限破産管財人が選任された場合、債務者の財産を換価・処分して、それぞれの債権者に配当する必要があります。
ですから、債務者が逃げてしまわない・財産を隠蔽してしまうことなどを防止する為に、破産手続きが終わるまでは、裁判所の許可のないまま引越しや長期旅行は、出来ません。

 

自己破産するにいは、いくつか手続きを踏む必要があります。
ひとつは、破産手続き開始決定が下った場合、破産者の本籍地の市区町村役場が管理している破産者名簿へ、債務者の名前が記載されます。

 

一度自己破産をしてしまうと、それから7年間は自己破産手続きを行うことは、出来ません。
免責許可の決定が下った場合、それから7年間は自己破産の申し立てを行っても、免責許可の決定が下ることは、ありません。
自己破産は、「破産手続開始決定」次に「免責許可の決定」といった、この2つの手続きを行う必要があり、破産手続開始決定が下った後に、免責許可の決定が下るまでの数ヵ月間は、「公法上・司法上の制限」を受けます。

 

この制限を受けると、いくつかの職業に就くことが出来ないほか、資格も制限され、マイホームや別荘などといった不動産を所有しているのであれば、換価する財産であると判断されますから、有無を言わさず強制的にそれらの不動産を処分・換金し、各債権者に配当されます。

 

破産管財人によって、郵便物が管理される破産管財人が選ばれます。
管財事件になった場合は、破産管財人が破産者の財産管理を行うので、破産者宛ての郵便物もはs何管財人が管理し、中身を見ることも可能です。

 

自己破産を行うと、クレジットカードを作ったり、ローンを組むといったことが大変難しくなります。
自己破産ご5年〜10年の間は信用機関に登録される、いわゆるブラックリスト登録がされてしまうので、銀行などからのお金の借入、ローン、クレジットカード作成が難しくなります。