個人再生,メリット,デメリット

個人再生のメリットとデメリットについて

個人再生のメリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

 

まず、個人再生のメリットですが、個人再生を行うと、今抱えている債務が、原則として1/5に減額されます。
ですから、これまでと違い、今後の返済が楽になります。
個人再生は、自己破産と違って、住宅や車などといった財産を手放すことなく、手続きを行える場合があります。
個人再生の手続きを行った後は、債権者は、給与の差し押さえなどといった強制執行が出来なくなります

 

次に、個人再生のデメリットですが、個人再生を行うと、その後5年〜10年の間は、借り入れをすることが、出来ません。
また、返済を継続することが出来る収入のない人は、個人再生の手続きが出来ません。
手続きが完了した場合は、国が発行する官報という機関紙に名前が記載されてしまいます。

 

自己破産と同様に、個人再生も裁判所へ申し立てを行いますが、自己破産のように全ての債務がゼロになるといったことではなく、債務を1/5程度まで減らし、長期間かけて返済していく分割払いにしてもらうといった制度で、減額の幅は任意整理よりも大きい額です。

 

今ある債務を1/5程度まで減らして、これを3年間で支払う「再生計画案」が裁判所から許可されれば、再生計画案に記載された額まで減額され、その後3年間の分割払いが終わったら、全ての債務がなくなります。
返済期間は、基本的には3年ですが、特別な事情があると認められた場合に関しては、5年まで長期分割弁済が認められるようになります。