民事再生,メリット,デメリット

民事再生のメリットとデメリット

民事再生とは、元本を大幅に減額したうえで借金返済を行うことが出来る手続きをいいます。
借金の大半を免除してもらうことが出来るだけでなく、数年間に渡る分割返済計画を立てることが可能なので、今ある借金を完済することが出来るようになる手続きです。

 

民事再生の手続きについては、小規模個人再生、給与所得等再生といった、消費者がより利用しやすいよう考えられた手続きもあり、これらを行うことで、対象を細部にしぼり借金を完済しやすい状態を作ります。

 

民事再生のメリットは、債権者から同意を貰いやすいといった点にあります。
借金の大半は免除になりますが、これに対して、債権者の半数が反対しないこと、そして反対する人の借金額が、借金全額から見て過半数を超えていないなど、条件を満たすことが出来ていれば、小規模個人再生を行うことが可能になります。

 

もし、民事再生の手続きを拒否したら、破産以外に方法はなく、破産されてしまえばお金を回収することが出来なくなりますから、1円でも回収したい業者からしたら、同意して債務を減額してでも、1円でも多くお金を返済して貰う方がいいという訳です。

 

それに、マイホームなどを売却することなく手続きが出来ます。
ですから、今ある家にこれまで通りに住みながら、分割払いで完済することが可能になるのです。
借金額も最大で80%をカットしてもらうことが出来ますから、家を失うことなく、完済させることが出来るのです。

 

民事再生は、任意整理とは違い、借金の元金も免除対象となります。
借金が膨らんでしまっている人は、任意整理よりも民事再生の方が、大幅に借金を厳格させることが出来ますし、任意整理、自己破産と比べても民事再生の方がメリットが置く、ご自身が完済しやすく返済のめどが立つので、ご自身にどのような手続きをするのが合っているのかしっかり判断しましょう。

 

次に、民事再生のデメリットですが、手続き後は暫く借入をすることが出来ません。
これは、民事再生に限ったデメリットではなく、信用情報機関に登録されるので、借入が出来なくなります。
引越しや海外旅行は出来ますし戸籍にも記載はありませんが、政府が発行している「官報」と呼ばれる出版物に名前が掲載されます。
ですから、もし債務者が金融機関や保険会社などで働いている場合、部署の人に気が付かれてしまうといった心配があります。

 

加害目的による損害賠償義務、税金、養育費の支払い、罰金、住宅ローンに関しては、免除されません。
また、債権者の同意が得られない場合もありますが、これは稀なケースです。

 

民事再生は、自己破産とは違い、全ての借金がなくなる手続きでは、ありません。
民事再生手続きは、最低でも「3年以内に100万円を支払う」といったことが決められており、100万円以下の借金については、免除は一切されませんので、注意しましょう。