任意整理,メリット,デメリット

任意整理のメリットとデメリット

任意整理とは、債権者と返済方法、返済金額について司法書士が交渉をして、きちんと支払うことが出来るような条件で話し合いを成立させる手続きをいいます。
任意整理の場合、裁判所が関与することがなく、任意整理の手続きを行っていく中で、最も多く利用させている手続きです。

 

裁判所が関与しないので、例えば自己破産手続きの場合のような、裁判所へ提出すう書類を用意するといったことも、ありません。

 

利息制限法の上限金利を超える金利の消費者金融などと取引がある場合、利息制限法によって引き直し計算を行います。
そして、過去に払い過ぎている利息を元本へ充当し、借金額を減らし、利息制限法の引き直し計算による減額をしたのち、これから掛かる利息をカットした金額で分割払いを行う交渉であったり、過払い金、「他人(親族など)の援助などによって一括返済をするから借金額を減らして欲しい」といった交渉を行っていきます。

 

この場合、今後掛かるはずだった利息をカットするというのは、殆どの場合は交渉が可能ですが、一括返済による減額については、必ず主張が通るというものではないので、過度な期待は禁物です。

 

任意整理は、司法書士が交渉を行います。
現在よりも低い金額を毎月の支払い額にして、毎月きちんと返済すうことが出来るよう交渉します。
裁判所も関与しませんから、自己破産や個人済生と比べ、手続きも比較的簡単なもので済みます。
引き直し計算によって、減額後の債務を分割して、3〜5年程度の分割で支払う形となります。

 

任意整理のメリットとして挙げられるのは、手続き完了後の将来的な利息が免除されることです。
これによって、完済が早まります。
また、利息制限法の計算によって債務総額を減らすことが出来ます。
取引期間が長いと、過払いになっていることも多くあります。
また、自由度の高い手続きですから、一部債権者のみを整理するといった方法を取ることも出来ます。

 

反対に、任意整理を行うことで、今後5年間は借入をすることが出来ません。
また、自己破産、自己再生と比較した場合、債務を減額させることが出来る効果はそこまで高くなく、任意整理手続きに応じない業者も増えているといったデメリットもあります。