債務整理

債務整理とは

債務整理は、簡単に言うと借金を整理する方法のことをいいます。

 

一言で債務整理といっても、任意整理、自己破産、個人再生、特定調停といくつか種類があります。
ですから、自己破産は債務整理のひとつの方法であるといえるでしょう。

 

まず、自己破産ですが、これは今ある借金を全て処分することをいいます。
返済することが不可能な状況に陥ったことを、裁判所で認めてもらうことが出来れば。免責となるので、これ以上借金を返済しなくてもよくなります。
この段階で、不動産などの資産を持っている場合は、当然没収されます。

 

任意整理は、個人が金融機関に訴えを起こしても、それを受け入れてもらえることはまずありません。
でsから、弁護士や司法書士といった法律家が、債務者に代わって交渉してくれます。

 

個人再生は、借金を減額し、減額された借金を3年かけて返済する方法で、不動産などの資産を手元に残したまま、債務整理を行うことが可能な方法です。
借金の減額・分割払いなどを要求しますが、最近では、過払い請求と一緒に行うことが多く、この方法だと借金の総額を減らすことが出来て、月々の返済金額も少なくなることから、完済しやすくなります。

 

特定調停は、裁判所で調停委員を間に置いて、債務者と債権者で交渉を行います。
債務整理とは違い、債務者本人が行うことが出来る一方で、債務者はそれなりの知識や特定調停に向けての準備が必要となります。

 

債務者がそれぞれ今抱えている債務や収入状況によって、解決できる方法も違います。
自身はどの方法がいいか分からない場合は、無料相談を利用するなどして、弁護士などの法律家に相談してみるといいでしょう。

 

債務整理の一番のメリットは、返済に追われることから解放されることです。
毎月の借金返済のために、苦しい生活を送っている人も多いと思いますが、一度膨らんでしまった借金は、収入が増えるなどしない限りは、それを全て返済するというのはなかなか厳しいのが現状です。

 

場合によっては、借金を返済する為に、他の消費者金融から借金をし、そのお金を借金返済に充てて、そのお金も返済できなくなったら更に他の消費者金融から借金をするという自転車操業を繰り返す人もおり、多重債務者になってしまうことも多くあります。

 

きちんと定職についていて、安定した収入がある場合は、返済額を減らすことが可能な場合があります。
返済方法は、その人の状況によって違いますから、弁護士などの専門家に相談しましょう。