携帯料金,滞納,ブラックリスト

携帯電話料金の滞納とブラックリスト

「ブラックリストに載ってしまう」という状況は、どのような状況だと思いますか?
クレジットカードの支払い、キャッシング、ローン返済を滞納した時に掲載されるとお考えの人も多いでしょうが、実際にそうなのですが、これ以外でもブラックリストに掲載されます。

 

私達が普段、当たり前のように利用している携帯電話ですが、この携帯料金の支払いが滞ってしまった場合でも、信用情報機関に登録されてしまいます。

 

正確には、携帯の通信料金ではなく「携帯端末代金」が問題です。
現在では、機種変更を行う際に、新機種を分割払いで支払う人も多いでしょう。
これは毎月の通信料とあわせて請求が来ますが、この返済が滞ってしまうことで、信用情報機関に登録されてしまうのです。

 

携帯会社がauであってもDoCoMoであってもSoftBankであっても、CICに登録されます。
購入の際に特に審査をされるといったことがないこともあり、手軽な印象もありますが、結局のところは、携帯端末をローンを組んで購入しているのです。
実質0円だから大丈夫だと思っていても、どの料金プランであっても、端末代の分だけ基本料金を割り引いているだけなので、「実質0円」なだけで、端末代金が0円ではないのです。
ですから、各種携帯会社への支払いが滞ってしまえば、信用情報機関に登録されてしまうので、今後カードを作りたいと思っても、審査に通らないといったことが起きますから、十分に気をつけましょう。

 

このように、携帯端末をローンで購入しているのと同じであることを理解しないまま、携帯料金を延滞してしまうことで、結果的にブラックリストに登録されてしまうといった人が増えてきており、経済産業省からも、携帯電話の分割払いに注意するよう勧告を出しています。