被災ローン,減免制度,二重ローン

被災ローン減免制度とは?二重ローン

「被災ローン減免制度」とは
被災ローン減免制度をご存じでしょうか。
個人版指摘整理ガイドライン運営委員会という、第三者機関が関与し、被災者の状況に応じて、震災前に組んでいた住宅ローンを中心とした債務について、免責か一定の割合での減額を受けるのを可能にする制度です。
これは、二重ローン問題の対策のひとつとして存在する制度です。

 

被災ローン減免制度を利用するメリットとしては、情報信用機関、いわゆるブラックリストに登録されてしまうことがなく、この制度を利用しても保証人に請求がいくことが、ありません。(※一部請求される場合があります。)
また、手元に最大で500万円を残した状態で債務減免を受けることが出来るので、手持ちのお金が0円のまま生活をしなければならないといった不安がありません。

 

次に、二重ローン問題についてです。
二重ローン問題とは、東日本大震災で受けた住宅ローンが残っており、新しくローンを組むことが出来ないからと住宅建築を諦めなければならない状況にある人や、これまでの債務が負担となり、新たな資金を用意することが出来ずに事業再建が困難にあるなどの状況に陥ってしまうことをいいます。

 

これらの支援を利用したい場合は、弁護士に相談するといいでしょう。

 

<株式会社東日本大震災事業者再生支援機構>
 http://www.shien-kiko.co.jp/

 

「株式会社東日本大震災事業者再生支援機構」は、東日本大震災の被害によって、大きな債務を負ってしまった事業者で、被災地域で再び事業を行うべく、事業再生を行おうとしている事業者に対し、金融機関などが持っている債権の買取などを通じて、事業者の債務の負担を軽減しながら、再生の支援を行うことを目的として設立された支援機構です。