借金,入居審査,関係

借金と入居審査の関係は?

これから引越しをしようかと考えている人の中で、返済中の借金があるが入居することが出来るのか、以前支払いが遅れたことがあるからと、入居審査に不安を感じている人は、いませんか?

 

実際のところ、気に入った物件を見つけても、そのような理由から大家さんや管理会社といったところに敬遠されてしまって入居することが出来なかったというのは、珍しい話では、ありません。

 

とはいっても、あくまでも過去の信用情報が不利になるというだけで、必ずしも入居審査に通らないという話ではないのです。

 

最近では、管理会社などが指定するクレジットカードを異様して家賃の支払いを行う不動産会社も多く、この際に審査で引っかかってしまうこともよくあります。
これは、家賃の支払いをスムーズに行えるようにという目的と、クレジット審査を通るこそによって、借金があるか、過去に支払いが延滞したことはないかといったことを確認する意味があります。

 

ですが、審査に通らなかった場合でも、諦める必要は、ありません。
クレジットカードの代わりに保証会社を利用することで、入居することが出来るという場合も十分にあります。
この場合、保障会社には家賃の何パーセントかを保諸金として支払います。
そうすることで保障してもらいますから、もしブラックリストに載ってしまっているという自覚のある人であっても審査に通る可能性が高いのです。

 

もし、入居者本人の収入が認められて保証人もいる場合、このようなクレジットカードを利用しなくても、現金での支払いを選択することで、審査に通るでしょう。
こういったことは、大家さんが一番敬遠するようですが、現在借金を返済中であっても、返済の目処がしっかりとしていれば、大家さんときちんと相談しあうことで入居することが出来るという場合もあるようです。

 

実際に、借金があるということは誰にも知られたくないことですが、もしご自身が大家さんだった場合、支払い能力のない人をその物件に住まわせるのは、イヤでしょう。
最悪の場合、夜逃げなどといったことも考えられますから、借金がある場合で、特に、その件について質問された場合は、素直に事情を説明するのが一番いいでしょう。