消費者金融,お金,借りられる人,借りられない人

消費者金融でお金を借りられる人と借りられない人

キャッシングを利用する際に、総量規則といった規則があることをご存じでしょうか。

 

この総量規則について詳しくご存じでない人も多いと思います。
キャッシングを利用する際に知っておくといい総量規則の仕組みについて、お話していきたいと思います。

 

総量規則というのは、「年収の1/3を超える貸し付けを行ってはいけない」という規則のことをいい、これは、キャッシングの利用や多重債務が原因で返済が滞ってしまい、結果として自己破産に陥ってしまう人が多かったことから、新しく作られた「法律」です。
この総量規制の導入後は、専業主婦など、収入がない人は原則として借入をすることが出来なくなりました。

 

ですから、これまで生活費の足しにとキャッシングを利用していた主婦など、総量規制が出来たことで借り入れが出来ずに困ったという人も多かったのが現実です。
借り入れのしすぎを防止することで、利用者が自己破産などといった状況に陥らない為に守るといったのがそもそもの目的でありながら、実際には、この法律が導入されて困ったという人が多いようです。

 

とはいえ、総量規制が導入されても、専業主婦ではなく、パート収入など一定の収入がある場合は、キャッシングを利用することが可能です。
個人事業主の場合は、必要書類を提示することで、総量規制の枠以上の借入が可能になることもありますが、もしそのような借入を希望する場合は、三菱東京UFJ銀行など、銀行のカードローンであれば総量規制の対象外ですから、利用することが出来る可能性もあります。