闇金,利息

闇金の利息

もしあなたが1年程前に、金融業者から月1割の利息で借入をしたとします。
毎月返済をしていき、徐々に返済残高も減ってきた時「金利が高すぎるので支払う必要がない」といった話をテレビで知ります。
ここまでで、月1割の金利は高すぎると気付いている人もいらっしゃると思いますが、では、本当に利息を支払う必要はないのでしょうか?

 

借り入れの際に、金融業者とそのような契約をしたのだから支払う義務があると考えるのが普通ですが、実際に計算をしてみると、月1割の利息を1年で計算した場合、年120%になりますから、この場合は契約自体が無効になると考えられます。

 

「上限」というのは、法律が2つあります。
ひとつは、「利息制限法」という民事的な利息の契約という上限で、これはあくまでも民事的な契約なので利息制限法に罰則規定は、ありません。
利息制限法によって、上限がどのように決められているのかは、元本によって違います。
10万円未満の場合は、年率20%、10万円以上100万円未満の場合の年率は18%、100万円以上の場合は年率15%で、これが利息制限法で上限であると定められています。

 

実際のところ、これらの上限を超えて契約している貸金業者もあります。
月1割年120%といった利息は、利息制限法違反なのは明らかですね。
ですが、利息制限法違反ではあるものの、利息制限法には特に罰則は、ありません。

 

そこで、このような罰則規定を定めている法律があります。

 

それが「出資法」という法律です。

 

出資法は、年最高109,5%ですが、kろえを超えて利息を取ることが出来ないとなっています。
この数字を超えて契約をした場合、かなり重い罰則があります。
違反した場合、10年以下の懲役、もしくは3000万円以上の罰金となり、出資法に違反する契約自体が無効となり、利息請求を行うことも出来ないので、罰則規定に違反している場合、借りた人は利息を支払う必要は、ありません。

 

分かりやすく例えると、ヤミ金業者が出資法違反をしていた場合、これは犯罪ですから、犯罪行為を行っている人に対して利益を与える必要はなく、また、そのような場合は国が法律を使って守ってあげる必要がないのです。

 

ですからもし、年109,5%を超える利息契約の場合は、出資法という罰則規定違反で、契約そのものが無効になります。
結果的に、貸出や利息請求といったことが出来なくなり、重い罰則を受けることになります。