借金の時効援用とは

「借金には時効がある」というのをご存じでしょうか?

 

借金の時効というのは、債務者が何らかの事情から、支払い・返済をストップしてしまい、最後に支払いをした日以降に返済がなく、期限の利益を喪失したことで一括請求を受け、そこから5年経過した場合、銀行、消費者金融、信販会社であれば5年、個人間であれば10年経過した場合、時効を援用することによって借金がなくなるといったものです。

 

この期間に支払いを行っていない場合であっても、業者からの請求(※)、差し押さえ、支払い命令、債務の承認などがあれば、時効は中断してしまいます。
(※6ヶ月以内に更に裁判上の請求を行う必要がある。)
判決が確定した場合は、時効期間は判決確定日から10年に延長されます。

 

もしかしたら、住民票を移した時に貸金業者などから大きい金額での督促が届いたといった経験がある人もいらっしゃるかもしれませんが、これは、遅延損害金、一括請求を受けてから5年経過している場合、債務整理などの方法として、借金の時効援用が考えられますが、保証会社が代位弁済して、債務者に対しの求償権を得た場合、代位弁済した翌日から時効期間の5年が進行することになります。


借金の時効記事一覧

借金時効の援用とは

「借金には時効がある」というのをご存じでしょうか?借金の時効というのは、債務者が何らかの事情から、支払い・返済をストップしてしまい、最後に支払いをした日以降に返済がなく、期限の利益を喪失したことで一括請求を受け、そこから5年経過した場合、銀行、消費者金融、信販会社であれば5年、個人間であれば10年経...

≫続きを読む

 

借金時効の中断とは

消滅時効とは、ある権利がないという事実状態が、一定の期間続いた場合、その事実状態の通りに法律上においても権利がなくなってしまうことです。これを債務に例えた場合、債務者が借金返済を全く行わないでいることで、消滅時効によってその借金債権がなくなってしまうという事です。つまり、借金を返済しなくてもよくなる...

≫続きを読む

 

時効援用の手続き

貸主に伝える場合、その方法にこれといって制限はないものの、一般的には内容証明郵便を利用することが多いようです。内容証明郵便というのは、名前の通り郵便局が、「書かれている内容を配達しましたよ」と証明してくれる、つまり、送ったことを証明してくれる郵便のことをいいます。普通の手紙や口で伝えただけでは、録画...

≫続きを読む

 

借金時効の内容証明

貸金業者からの借り入れの消滅時効は5年です。期限の利益喪失の日から5年以上が経過すると、借金の時効が成立する可能性があります。期限の利益喪失については、債務名義が作成されることで時効が10年になります。また、簡単に借金の時効とは言っても、ただ期間が経過するといったものではなく、時効の援用をしない限り...

≫続きを読む

 

時効援用の書式について

消滅時効は、一定期間、権利を行使しないでおくとその権利が消滅してしまうことをいい、お金を貸しているのに、督促も何もしないと消滅時効に掛かる場合があります。とはいえ、一定期間が過ぎることで権利が自動的に消滅してしまうといったことではなく、消滅させるためには、自己魚の利益を受ける人が、それを受け取る旨を...

≫続きを読む

 

債務整理の時効

債務者の中で、きちんと毎月返済することが出来ている人がいる一方で、様々な事情を理由に、業者への支払いが何年も滞ってしまっている人がいます。こうした人は、消滅時効の主張をすることで、借金返済を免れることが出来る場合があります。貸金業者には、商法の消滅時効の規定が適応されており、5年が消滅時効となってい...

≫続きを読む

 

消費者金融の借金の時効

消費者金融会社や信販会社といった業者からの借り入れは、返済期日を過ぎて5年が経過することで、時効が成立します。簡単に言うと、消費者金融や信販会社と最後に取引を行ってから5年以上返済も借入もせず放置することが出来た場合、借金の返済義務がなくなるというものです。とはいえ、個人の貸金業者や信用金庫などの借...

≫続きを読む

 

時効援用の信用情報

権利を行使することが出来るのに、一定期間その権利を行使しないでいると、今後権利を行使することが出来なくなることを、消滅時効といいます。もし、時効援用を行うと、信用情報(事故情報)を削除することは出来るのでしょうか。これは、時効援用した場合、関s内扱いになりますから信用情報から削除することが出来ますが...

≫続きを読む