時効援用,書式

時効援用の書式について

消滅時効は、一定期間、権利を行使しないでおくとその権利が消滅してしまうことをいい、お金を貸しているのに、督促も何もしないと消滅時効に掛かる場合があります。

 

とはいえ、一定期間が過ぎることで権利が自動的に消滅してしまうといったことではなく、消滅させるためには、自己魚の利益を受ける人が、それを受け取る旨を相手に通知する必要があります。
ですから、債務者、つまり借金をしている人が時効の援用を行わなければ、支払い義務が消えるといったことは、ありません。

 

消滅時効の期間は、一般的な借入などの場合、個人の間では10年、貸金業者等の場合は5年となっています。
これ以外の債権については、内容によって消滅時効期間が異なるものもあり、また、時効の中断事由がある場合については、中断した期間から、改めて時効期間が開始となります。

 

ですから、時効が近い債権を持っている場合は、催告を行って一時的に時効を中断させて裁判を起こすか、債務者に対して、少しでもいいから債務弁済をさせてくれと伝えることで、時効が中断します。
また、新たに債務承認弁済契約書を作るのもひとつの方法であり、これらは、債務を認めたことになりますから、時効が中断します。