時効援用,手続き

時効援用の手続き

貸主に伝える場合、その方法にこれといって制限はないものの、一般的には内容証明郵便を利用することが多いようです。

 

内容証明郵便というのは、名前の通り郵便局が、「書かれている内容を配達しましたよ」と証明してくれる、つまり、送ったことを証明してくれる郵便のことをいいます。

 

普通の手紙や口で伝えただけでは、録画または録音でもしていない限り、そんなものは届いていない・聞いていないと言われてしまえば、伝えたことを証明することは非常に難しいです。
そうならない為にも、内容証明郵便を利用します。

 

内容証明郵便の書き方についてですが、これにはいくつかの決まりがあります。
まず、文字数についてですが、縦書きの場合は1行につき20文字で1枚につき26行までとされており、また横書きの場合は、1行20文字以内で1枚26行以内、1行13文字以内で1枚40行以内、1行26文字以内で1枚29行以内となっています。

 

次に、用紙のサイズについてですが、これは特に制限はないものの、一般的には内容証明専用の原稿用紙を使用して、直接手書きをするか、またはA4用紙を使用して手書きするかといった方法になります。

 

使用する印鑑についてですが、通常は、書いた内容証明の「差出人欄」にご自身の印鑑を押しますが、この場合に使用する印鑑の種類に決まりはありませんが、ご自身の名前が分かるものが良いとされており、一般的には認印を使用します。

 

最後に、内容証明郵便の出し方についてですが、同じ内容を書いた用紙を3部用意し、差出人用の封筒に本文の差出人を、受取人と同じ住所と氏名をしっかりと記載します。
用意が出来たら、内容証明を取り扱っている郵便局の窓口に持っていきましょう。
念のため、本文に捺印したご自分の印鑑を持っていくといいでしょう。
そうして、必要な料金を支払って手続きは完了です。